往年のクラシックデザインが復活…エンケイの“ディッシュホイール”

自動車 ビジネス 国内マーケット
往年のクラシックデザインが復活…エンケイの“ディッシュホイール”のススメ
往年のクラシックデザインが復活…エンケイの“ディッシュホイール”のススメ 全 7 枚 拡大写真
一円玉ホイール・手裏剣ホイール・鉄ちん加工深リムホイール・メッシュホイール・エイトスポーク…。70年代のシャコタン旧車・街道レーサーのお約束のホイールデザインは、ネオクラシックなデザインのクルマによく似合う。ちょっとしたカスタムとして未だ根強い人気を誇っている。



ラパン・ミラココア・ムーブキャンパスなどのネオクラシックデザインな軽にピッタリのホイールとしてエンケイのディッシュホイール「オールセブンティーン・ディッシュ」はいかがだろう?どこか懐かしいデザインが、クルマ全体を引き立ててくれるアイテムとして人気だ。





◆all seventeen-DISH-(オールセブンティーン・ディッシュ)とは?

1968年の発売当初より、日本のアルミホイールの創世記を担ったエンケイのディッシュホイール。そのベーシックなデザインを踏襲し、現代の技術により新たなホイールとして生まれた1ピースホイールがオールセブンティーン・ディッシュだ。



当時のディッシュデザインのイメージを守りつつ、現在のKカーにもマッチするように、再度デザインを行っている。また、ディスク全面へ切削加工を施す事で、当時のイメージを彷彿とさせる古き良きネオクラシックのデザインを実現している。
さらに、目立たないデザイン裏部に敢えてアンダーカットをする事で、ディッシュデザインの重くなりがちな見た目と、軽量化も図られたデザインとしている。



最新の「MAT PROCESS製法」の採用で、鍛造ホイールに匹敵する優れた材料強度を生み出しており、リムの薄肉化による大幅な軽量化も実現している。また、リムへローレット加工を施す事により、タイヤとホイールのズレを低減させた。
センターキャップは、allシリーズの証であるallブランドキャップを採用しセンター周りのスタイリングも抜かりない仕上がりだ。



〈品名〉all seventeen-DISH-(オールセブンティーン・ディッシュ)
〈カラー〉マシニングシルバー
〈製法〉 MAT Process(マット プロセス)1ピース
〈サイズ〉15×5.0J、15×5.5Jの2サイズカラー
〈価格〉15×5.0Jが¥28,000、15×5.5Jが¥28,500。

往年のクラシックデザインが復活…エンケイの“ディッシュホイール”のススメ

《カーケアプラス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  4. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  7. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  8. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  9. マセラティの新型SUV『グレカーレ』、11月16日発表
  10. 米グーグルとホンダ、「つながる車」で提携強化[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る