レンタカーで訪日外国人向けAIコンシェルジュ…成田と羽田、タイムズカーレンタルが第2弾

自動車 ビジネス 国内マーケット
AIコンシェルジュ
AIコンシェルジュ 全 1 枚 拡大写真
「タイムズカーレンタル」を運営するタイムズモビリティネットワークスは、ビースポーク(東京都港区)の運営する訪日外国人向けAIコンシェルジュサービス「Bebot(ビーボット)」を、タイムズカーレンタル成田空港店と羽田店で1月9日より無料のトライアルキャンペーン第2弾として3カ月間実施する。

ビーボットは、お客様のスマートフォンを通じて、24時間いつでもリアルタイムに質問や相談ができる、訪日外国人向けの情報提供サービスで、観光やアクティビティといったおすすめ情報の収集や、飲食店の検索・予約など、コンシェルジュのようなサービスをチャットを介して利用することが可能だ。

タイムズカーレンタルは、過去にトライアルキャンペーン第1弾として2017年6月19日~9月19日の3カ月間、タイムズカーレンタル成田空港店でトライアルとしてビーボットを無料で提供するキャンペーンを実施。利用者からは、「日本語が分らなくても、日本の美味しいレストランに行くことができて良かった」など好評だったため、第2弾を実施することとなった。

第1弾は成田空港店のみの実施であったが、今回のキャンペーン期間が中国の正月である春節にあたるため、台湾や香港の便が多い羽田店でも実施。そのため、言語も英語に中国語を加えた2カ国語に対応している。

《平川 亮》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーシェアリングの例:タイムズカーシェア
  • タイムズビジネスカード
  • 予約制駐車場「B」
  • 駐車場での主な決済手段
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ