レンジローバー ヴェラール、パナソニックのコネクトを純正採用…CES 2018で発表

自動車 テクノロジー ネット
最先端のコネクテッドシステムを採用するレンジローバー・ヴェラール
最先端のコネクテッドシステムを採用するレンジローバー・ヴェラール 全 7 枚 拡大写真
パナソニックは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、ランドローバーの新型SUV、『レンジローバー・ヴェラール』にパナソニック製のコネクトシステムが採用された、と発表した。

レンジローバー・ヴェラールのコネクトシステムが、「Touch Pro Duo」。これは、デュアルタッチスクリーンシステムを備えた車載コネクティビティシステム。2つの高解像度10.2インチのタッチスクリーンが、レンジローバー ヴェラールの全モデルに標準装備される。

Touch Pro Duoでは、ナビゲーションを表示しながら、エアコン調整や、エンターテインメント機能を使用することが可能。ウィンドシールドタイプのヘッドアップディスプレイも、パナソニック製が採用された。

ランドローバーによると、Touch Pro Duoは顧客のニーズを予測し、望むものを適切なタイミングで提供。ドライビングの楽しさを損なうことなく、デジタルパーソナルアシスタントのようにドライバーを支援する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ