JAFのリアル「久留間まもり」、東京オートサロン2018でキレッキレのダンス披露へ

自動車 ニューモデル モーターショー
JAF ブースイメージ
JAF ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
JAF(日本自動車連盟)は、1月12日から14日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」にPRブースを出展。JAFホームページのナビゲーターキャラクター「久留間まもり」がリアルなコンパニオンとなって登場する。

リアル久留間まもりは、2015年の東京モーターショーに初登場。以来、東京オートサロンや東京モーターサイクルショーなどで話題を集めてきた。そんな久留間まもりが今年の東京オートサロンにも登場。来場者にスマートフォンアプリ「JAFデジタル会員証」を紹介し、利用登録をサポートする。また久留間まもり達(複数いる)によるダンスユニット「まもり隊」が、女性DJが流すオリジナルラップミュージックに合わせてキレのあるダンスパフォーマンスを行う。

そのほかブースには、55km/hでの車両衝突を疑似体験できるVR体験コーナーも設置。全席シートベルト着用の必要性をアピールする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 宮城県運転免許センター
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ