ケーヒン、オートモーティブワールド2018で電動化技術を紹介予定…初出展

エコカー EV
ケーヒンのブースイメージ
ケーヒンのブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
ケーヒンは、1月17日から19日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第10回オートモーティブワールド」に初出展する。

オートモーティブ ワールドは、クルマの先端技術分野をテーマとして、毎年1月に開催される世界最大の展示会。「カーエレクトロニクス」「EV・HEV技術」「軽量化技術」「コネクティッドカー」「自動車部品・加工」「自動運転」の6テーマに分かれた展示会が開催され、最新技術が約1100社により展示される。

EV・HEV技術に初出展する同社のブースコンセプトは「ケーヒンの電動化技術が未来を描く」。世界トップクラスの出力密度を誇るパワーコントールユニットをはじめとしたEドライブシステムをメインに、燃料電池車に対応した空調ユニットなどを展示し、未来の電動車を支える製品を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ケーヒン ブースイメージ
  • ホンダの英スウィンドン工場
  • ケーヒン(人とくるまのテクノロジー2019)
  • ケーヒンブースのイメージ
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/16/304803.html/article/2018/01/16/304802.html/article/2018/01/16/304804.html