700hp超えのマスタング「シェルビー」、2019年に復活へ…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
フォード(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
フォード(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images 全 4 枚 拡大写真
フォードモーターは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、2019年に新型『シェルビーGT500』を設定すると発表した。

シェルビーGT500は、フォード『マスタング』をベースに開発された高性能モデル。歴代マスタングの多くに用意されてきた最強グレードとなる。

先代シェルビーGT500は、5.8リットルV8スーパーチャージャーを搭載。最大出力662hp、最大トルクは87.3kgmを引き出す。北米量産車としては史上最強のスペックを備えたシェルビーGT500は、最高速322km/h以上の性能を誇った。

このシェルビーGT500が、最新のマスタングをベースに、2019年に復活することが決定。フォードモーターは、最大出力700hpを超えるべく、開発を進めている、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ