ブラックベリー、自動運転車向けサイバーセキュリティソフトJarvisを日本初公開…オートモーティブワールド2018

自動車 ニューモデル モーターショー
オートモーティブワールド2018 ブラックベリーQNX ブース
オートモーティブワールド2018 ブラックベリーQNX ブース 全 6 枚 拡大写真
カナダのブラックベリー社は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018で、自動運転車やコネクティッドカー向けサイバーセキュリティソフト「Jarvis(ジャービス)」を日本初公開した。

ジャービスはもともとブラックベリー社の端末向け開発ツールとして活用してきたソフトを、自動車業界向けにリリースしたもので、1月15日にデトロイトモーターショー2018で発表されたばかりだが、早くも日本でも公開された格好。

ブラックベリーのQNX部門でシニアダイレクターを務めるグラント・コーヴィル氏は「ジャービスはバイナリコードをスキャニングするツールで、ソフトウェアの脆弱性を特定する。ソースコードではなくバイナリコードをスキャニングすることが特徴で、クラウドベースのツール」と紹介。

コーヴィル氏は「ジャガーアンドランドローバー社を始め複数の自動車メーカーですでにジャービスが活用されており、ジャガーアンドランドローバー社からはこれまで人間が30日かかけて行っていたセキュリティ評価をジャービスはわずか7分で完了したとの評価を得ている」と明かした。

さらに「ジャービスは自動車の開発に限らず輸送、医療など各種産業での自動化にも寄与できると考えているが、まずはニーズが最も高い車載向けを手始めにリリースし、他の産業にも順次広げていきたい」との見通しも示した。

またデトロイトモーターショーでの発表からわずか2日足らずのタイミングで日本初公開したことについてコーヴィル氏は「とくに日本はイノベ―ティブなマーケットであり、日本では自動運転でのターゲットのひとつに2020年を置いていると聞いているので、なるべく早くアナウンスしたかった」と述べ、日本市場に期待を寄せていた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ自動車 GAZOO Racing Company スープラ開発責任者の多田哲哉氏
  • ボルグワーナー 副社長兼エミッションズ&サーマルシステムズ・アジア事業本部長のクリストファー・J・ランカー氏、副社長兼マーケティング・広報・政府渉外担当のスコット・D・ジレット氏、ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン代表取締役社長の三島邦彦氏(右から)
  • キャストが製造・販売する「パワーブレード」
  • パル技研の大型トラック専用巻き込み事故防止システム「SEES-1000」
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/18/304901.html/article/2018/01/18/304900.html/article/2018/01/18/304902.html