スバル、ヘリコプターの整備工場を宇都宮製作所に新設…年間130機体制を構築

航空 企業動向
整備工場の竣工式
整備工場の竣工式 全 3 枚 拡大写真
SUBARU(スバル)は、航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)の南工場に、多用途ヘリコプター「UH-1J」の後継となる「UH-X」と民間機「412EPI発展型機」用の整備工場を建設し、1月18日に竣工式を行ったと発表した。

同社では、陸上自衛隊が運用している多用途ヘリコプターUH-1Jをはじめ、陸・海・空自衛隊向け航空機や、海上保安庁、消防、警察、地方自治体で運用しているヘリコプターなど、年間約100機の定期整備や修理を行っている。

新設した整備工場は建築面積が約3700平方メートル。これによって3割増となる年間130機の整備体制を構築する。

UH-1Jの後継機となるUH-Xは、約150機の量産が想定されている。民間機412EPI 発展型機はUH-Xとの共通プラットフォーム機体で、全世界に向けて製造、販売していく予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル 商品企画本部・プロジェクトゼネラルマネージャー 布目智之氏
  • SHINJUKU ODAKYU PARK(整備中、8月7日)
  • スバルの岡田稔明専務執行役員
  • スバル 新型クロスオーバー クーペSUV(予想CG)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/18/304920.html/article/2018/01/18/304919.html/article/2018/01/18/304921.html