ヒュンダイ、5年連続減益…営業利益は12%減 2017年通期決算

自動車 ビジネス 企業動向
ヒュンダイ・ツーソン
ヒュンダイ・ツーソン 全 3 枚 拡大写真
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2017年通期(1~12月)の連結決算(傘下のキアモーターズを含む)を公表した。

同社の発表によると、売上高は96兆3760億ウォン(約9兆8300億円)。前年の93兆6490億ウォンに対して、2.9%増えた。

一方、営業利益は4兆5750億ウォン(約4670億円)。前年の5兆1940億ウォンに対して12%減と、5年連続の減益となっている。

2017年の通期決算が減益となった要因は、労働組合のストライキによって、生産コストが増大。また、米国製のミサイルの韓国配備を受けて、中国との関係が悪化。その影響で、中国での新車販売が落ち込んだのが大きい。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルシア(ロゴ)
  • ヴォクソール・コルサ
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ