BMWグループ、カーシェア企業を完全子会社化…モビリティサービス強化

自動車 ビジネス 企業動向
BMWグループのカーシェアリング企業「ドライブナウ」のi3
BMWグループのカーシェアリング企業「ドライブナウ」のi3 全 1 枚 拡大写真
BMWグループは1月29日、カーシェアリングを手がける「ドライブナウ」(DriveNow)を完全子会社化すると発表した。

ドライブナウは2011年、BMWグループとSixtの2社が、プレミアムなカーシェアリングサービスを提供する合弁会社として設立。ドライブナウのサービスは、すでに欧州13都市で、100万人以上の顧客が利用している。

カーシェアリングの車両は、BMWブランドとMINIブランドの6000台以上。EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』も利用できる。

2017年の1年間では、ドライブナウの車両は、延べ800万km以上を走行。ドライブナウは交通量を減らすだけでなく、都市部の駐車状況を改善している。

今回、BMWグループは、ドライブナウを完全子会社化すると発表。BMWグループは2025年までに、プレミアムモビリティサービスの分野で1億人の顧客を獲得することを目指しており、ドライブナウの完全子会社化は、その一環となる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3 セダン 新型と M4 クーペ 新型のティザーイメージ
  • BMWモトラッドデイ
  • BMW 3シリーズ・セダン 新型
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ