高性能車に特化、セアトが新ブランド「クプラ」…第一弾をジュネーブモーターショー2018で公開へ

自動車 ニューモデル 新型車
セアトの高性能車ブランド、「クプラ」のロゴマーク
セアトの高性能車ブランド、「クプラ」のロゴマーク 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは1月31日、「クプラ」(CUPRA)ブランドを立ち上げると発表した。その第一弾モデルは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、初公開される。

クプラは、セアトの主力車種に設定される高性能グレード。2014年には、Cセグメントハッチバックの『レオン』の「レオン・クプラ280」がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、当時の市販FF車の最速ラップタイム、7分58秒44を記録したのが記憶に新しい。

レオン・クプラ280は、フォルクスワーゲングループの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」を搭載。『ゴルフR』譲りのこのエンジンは、最大出力280ps、最大トルク35.7kgmと、セアトの市販車としては歴代最強のスペック。0~100km/h加速は5.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持つ。

スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018では、独立したブランドとなるクプラの第一弾モデルが初公開される予定。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト・レオン
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真
  • セアト レオンR STクプラ(スクープ写真)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV