ドライバーと乗客の両方にお金を支払う、米日産が新方式のライドシェア

自動車 テクノロジー ITS
米日産が行う新方式のライドシェア
米日産が行う新方式のライドシェア 全 3 枚 拡大写真
日産自動車の米国部門は1月31日、ヒッチ社と提携を結び、米国市場で「カープーリング」事業に参入すると発表した。

カープーリングとは、ライドシェアのひとつで、1台の車両に複数の人が乗車して移動するシステム。日産の場合、車両を提供したドライバーだけでなく、相乗りした乗客にもお金が支払われる点が特徴。カープーリングの普及を狙う。

日産のカープーリングを利用するには、ヒッチ社の専用アプリ、「Hytch Rewards」をスマートフォンなどにダウンロード。アプリのユーザーは、友人、家族、同僚などとつながり、車をシェアすることが可能に。アプリによって走行したルートが追跡され、ドライバーと相乗りした乗客の両方に、報奨金が支払われる。日産などスポンサー企業は、アプリユーザーの移動情報を利用できる。

このサービスは、まずは日産の米国本社があるテネシー州で開始し、順次拡大していく計画だ。ユーザーが個人用車両を使用してカーシェアリングを行うことで、交通渋滞を改善し、CO2排出量を削減する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 e-NV200
  • 7月16日に日産本社で開催された新型スカイラインの記者発表会
  • スカイライン改良新型
  • 日産 GT-R の2020年モデルの50thアニバーサリー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/01/305554.html/article/2018/02/01/305553.html/article/2018/02/01/305555.html