日産、中国の電動化を推進…2022年までに全販売の3割を電動車へ

エコカー EV
日産リーフ
日産リーフ 全 2 枚 拡大写真
日産自動車の中国合弁、東風汽車有限公司(DFL)は2月5日、新中期計画の「DFL TRIPLE ONE PLAN」を発表した。電動化の推進が、ひとつの大きな柱となる。

電動化については、日産の中国市場の全てのブランドにおいて、20以上の電動モデルを投入する計画。これには、『リーフ』のようなゼロエミッション車と、発電専用エンジンを積みモーターで駆動する『ノート』のような「e-Power」車が含まれる。

直近の2018年と2019年には、日産、ヴェヌーシア、東風の3ブランドで、6車種のEVを発売する予定。全販売台数のうち、2022年には30%を電動車両が占めるようになることを目指す。

また、高級車ブランドのインフィニティについては、2022年までに商品ラインナップの25%を電動化。2025年までには、全車種の電動化を図っていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 日産のスペイン・バルセロナ工場
  • 蒲郡市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • インフィニティ QX55 のティザーイメージ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ