NAPAC 富士スピードウェイ走行会、参加者募集開始 3月21日開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
第26回 NAPAC走行会
第26回 NAPAC走行会 全 2 枚 拡大写真
日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)は、一般ユーザーを対象とした「第26回 NAPAC走行会」を3月21日に富士スピードウェイで開催。参加者の募集を開始した。

NAPAC走行会は「ユーザー感謝の集い」として、毎年春と秋に富士スピードウェイレーシングコースで開催。参加者によるサーキット走行のほか、現役プロドライバーによる、会員社チューンドデモカーの同乗走行体験なども開催し、毎回多くの参加者で盛り上がっている。

またAパドックでは、NAPAC会員メーカーによるブース出展を開催。ENDLESSやFET、HPI、RG、ENKEIなど、今回も多数の会員メーカーが出展する予定だ。そのほか、当日はENDLESSサーキットミーティングやロードスターパーティレースIIIなども同時開催される。

募集台数は50台で、参加費(1時間・タイム計測付き)は通常料金が2万2000円、早割料金(3月7日までに入金)が2万1000円。過去に参加したことがあり人は1000円の割引が適用となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スタートの様子
  • 2018年のTGRFの模様。
  • コスプレ変則ルマン式スタート(富士K4-GP)
  • 総合優勝したトータスレーシング(富士K4-GP)
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/09/305897.html/article/2018/02/09/305896.html/article/2018/02/09/305898.html