POTENZA RE-12D 発売、サーキットでのラップタイム短縮を追求

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
POTENZA RE-12D
POTENZA RE-12D 全 2 枚 拡大写真
ブリヂストンは、スポーツタイヤブランド「POTENZA」の新商品として、サーキットでのラップタイム短縮を追求した「POTENZA RE-12D」を3月1日から順次発売する。

OTENZA RE-12Dは、新たに専用開発したコンパウンドを採用し、形状、パタン、構造を最適化することでコーナーリング時の接地性を向上。ドライ性能とウェット性能を高いレベルで両立することで、サーキットでのあらゆる場面に対応可能なハイグリップスポーツタイヤとなっている。

また新商品は、国内最大級のワンメイクレース「トヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース」における「クラブマン」シリーズの競技規定を満たしており、同レースでも使用できる。

サイズは16インチから19インチの15サイズ、価格は3万5640円から8万1756円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • POTENZA アドレナリン RE004(東京オートサロン)
  • POTENZA RE-71RS(東京オートサロン2020)
  • ブリヂストン ブースイメージ
  • POTENZA RE-07D
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ