トヨタ オーリス 新型、英国で継続生産へ…EU離脱後も

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタの英国工場
トヨタの英国工場 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月28日、新型『オーリス』を引き続き、英国工場で生産すると発表した。

英国に生産拠点を置く自動車メーカー各社は、英国のEU離脱が決定した後、その影響を注視してきた。場合によっては、英国からの他国への工場移転も検討される中、トヨタは新型オーリスの英国での継続生産を決断した。

新型オーリスは3月6日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開される予定。トヨタの新世代プラットフォーム、「TNGA」をベースに開発される。

トヨタモーターヨーロッパのヨハン・ファンゼイル社長兼CEOは、「トヨタは英国生産の約85%を欧州市場に輸出している。英国と欧州の間の自由で摩擦のない貿易は、将来の成功のために不可欠」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV