プジョーの新MPV、リフター に冒険コンセプト…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー・リフター・4×4コンセプト
プジョー・リフター・4×4コンセプト 全 9 枚 拡大写真
プジョーは、スイスで3月6日に開幕するジュネーブモーターショー2018において、『リフター』の「4×4コンセプト」を初公開すると発表した。

リフターは、プジョーの主力商用車および小型MPV、『パートナー』の後継モデル。現行パートナーは2008年に登場。およそ10年ぶりのモデルチェンジを機会に、車名をリフターに一新している。

このリフターにアウトドア向け「冒険」仕様を提案するのが、4×4コンセプト。車高を80mm引き上げ、BFグッドリッチ製オフロード向けタイヤを装着。3種類の走行モードが切り替えられる4WDを採用し、悪路走破性を追求する。トータル300WのLED補助ライトも追加。ディーゼルエンジンは30.6kgmの豊かなトルクを引き出す。

また、OVERLANDブランドのルーフテントを装着。リアゲートのキャリアには、プジョーの電動MTBが固定可能。小型バッテリーをフレームに組み込んでおり、アウトドアでの行動範囲を拡大する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/02/306712.html/article/2018/03/02/306711.html/article/2018/03/02/306713.html