400psモーターで航続480km、ジャガー初のEV「I-PACE」…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

エコカー EV
ジャガー I-PACE
ジャガー I-PACE 全 7 枚 拡大写真
ジャガーカーズは3月2日、ジャガー初の市販EV、『I-PACE』の概要を明らかにした。実車は3月6日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開される。

ジャガーI-PACEは、クロスオーバーデザインのEV。パワートレーンは、モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。

前後重量配分は、50対50と理想的なバランス。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを発揮する。空気抵抗を示すCd値は0.29と、エアロダイナミクス性能も追求された。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWhと大容量。1回の充電での航続は、最大480km。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能。100km走行分であれば、およそ15分で充電できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー E-PACE 改良新型
  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • VW ゴルフR ヴァリアント(スクープ写真)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG

ピックアップ

Response.TV