大杉漣氏最後の『名古屋行き最終列車』は3月12日放送…3月13日まで追悼の名鉄系統板を掲出

鉄道 エンタメ・イベント
『名古屋行き最終列車2018』第9話に主演する故・大杉漣氏(向かって右)。
『名古屋行き最終列車2018』第9話に主演する故・大杉漣氏(向かって右)。 全 1 枚 拡大写真
名古屋鉄道(名鉄)は3月6日、同社を舞台にしたドラマ『名古屋行き最終列車』に出演していた、故・大杉漣(おおすぎれん)氏を追悼する系統板を掲出すると発表した。

大杉氏は、3月12日深夜0時20分から名古屋テレビ放送(メ~テレ)で放映される『名古屋行き最終列車2018』の第9話で主演を務めているが、2月21日に急性心不全のため亡くなった。享年66歳だった。

大杉氏の逝去に伴ない、名鉄とメ~テレが系統板の掲出を協議していたが、家族や事務所から「すべて予定通り進めてください」という返事があったことから、3月13日まで掲出することとなった。

大杉氏最後の『名古屋行き最終列車』では、元ラーメン店主の今村武雄を演じる大杉氏が、黒川芽以演じるシングルマザー・麻耶の子供の面倒を見るという設定になっており、麻耶を今村の恋人だと勘違いした、石野真子演じる小夜子との絡みが描かれている。

大杉氏は、2015年に放映された第3弾から『名古屋行き最終列車』に出演しており、3月12日は14時から過去の出演作も放映する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV