レクサス、高級クルーザーコンセプトを一般公開…ジャパンボートショー2018

船舶 エンタメ・イベント
レクサス・スポーツヨット・コンセプト
レクサス・スポーツヨット・コンセプト 全 10 枚 拡大写真
トヨタ自動車のレクサスブランドは、3月8日に横浜市で開幕したジャパンインターナショナルボートショー2018で、高級クルーザー『スポーツヨット・コンセプト』を一般公開した。

スポーツヨット・コンセプトは2017年1月に米国マイアミで開催したブランドイベント「Through the Lens」で世界初公開され、日本では同年5月にマリン関係者や報道陣向けに披露されたが、一般公開は今回のボートショーが初となる。

スポーツ ヨット コンセプトは全長12.70m、全幅3.86mで最大8人乗れる。レクサスのFモデル『RC F』、『GS F』およびクーペの『LC500』に搭載されている5リットルV型8気筒エンジン2基を積み、最高出力450PSを発揮する。

スポーツ ヨット コンセプトはトヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり製作されたものだが、マリン事業室企画・開発グループの安江貴彦主幹によると「従来、トヨタは「ポーナム」のブランドでやってきたが、レクサスでも造ってくれとトップから2014年12月に話があった」という。

その後、「15年初頭から企画を開始して、実際に設計にとりかかったのは15年3月くらい。イタリア人に構造設計してもらい。レクサスのデザインチームがスタイルを描き、15年7月の段階ではまだアイディアスケッチの状態だったが、16年9月にはほぼ出来上がっていた。1年ちょっとというものすごく短い期間での、厳しいプロジェクトだった」と安江主幹は振り返る。

しかも「新型LC500のエンジンを使ってできる一番大きなサイズのものをということが最初から決まっていて、ニュルブルクリンクで走れるよう仕上げたスペックのクルマ用エンジンが出来上がるのを待って載せた格好」だとか。

文字通り厳しい条件下で完成したスポーツヨット・コンセプトだが、「これからもコンセプトモデルのまま、これを量産して売るという計画はない」という。ボートショーが終わると「トヨタがマリンの基地として使っているラグナマリーナ(愛知県蒲郡市)に再び置かれる」とのことだ。しかしトヨタは、レクサスブランドで60フィート(約12m)クラスの次期モデルの開発に着手することも表明している。

《小松哲也》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  2. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  5. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  6. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  9. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る