キャンピングカーとペットは親和性が高い 日本RV協会調査

自動車 ビジネス 国内マーケット
ペットと一緒にファミリーキャンプ
ペットと一緒にファミリーキャンプ 全 6 枚 拡大写真
日本RV協会は、キャンピングカーを所有または興味を持っている人に「新しい家族やペットに関する意識」について調査した。キャンピングカーと家族の関係性において、夫婦、子供よりも、ペットの影響の方が大きいようだ。なお今回の調査で「家族」とは、子供、ペットなどを含む、大きな枠組みを意味する。

回答者(キャンピングカーを所有または興味を持っている人)の家族構成では、子供のいる人はペットがいる方より多いが、子供がキャンピングカー購入の動機になった人は少なく、ペットがいたからキャンピングカーを購入した人の方が多い。また、子供やペットの対策についても、ペット対策を講じている人の方が多い。「キャンピングカーとペットの関係は親和性が高い」(日本RV協会関係者)。

キャンピングカーオーナーがの多くが気にしていることは、ペットの健康管理のようだ。時にはペットだけがキャンピングカーで留守番することになる場面もあるようだが、車室内の温度管理がしやすいキャンピングカーだからできる。

「ペットがいるならキャンピングカーをおすすめしますか」との質問には、多くの人が「はい」と答えた。ペットがいるからキャンピングカーを購入した比率よりも大きいので、キャンピングカーがペットに対して有益なクルマであることを、購入後に改めて認識する人が多かったからだと思われる。

調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:ウェブアンケート
調査時期:1月18日~2月17日

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャンピングカー(イメージ)
  • ペットと楽しむキャンピングカー(イメージ)
  • キャンピングカー(イメージ)
  • キャンピングカー(イメージ)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ