初期型キハ183系引退記念の入場券を発売---駅ごとにゆかりの列車を絵柄に 3月15日から

鉄道 エンタメ・イベント
記念入場券に付けられる特製のロゴ。
記念入場券に付けられる特製のロゴ。 全 4 枚 拡大写真
JR北海道は、3月15日からキハ183系0・200番台(初期型キハ183系)の引退に伴なう記念入場券を発売する。

1980年代前半に登場した初期型キハ183系は、定期列車では札幌~網走間の特急『オホーツク』、旭川~網走間の特急『大雪』で運用されているが、3月17日に実施されるダイヤ改正では、函館~札幌間の特急『北斗』がすべて『スーパー北斗』化されることから、『北斗』に使用していた経年の若い500・1500番台ベースの車両が、『オホーツク』『大雪』へ回ることになった。

そのため、『オホーツク』『大雪』からは初期型キハ183系が撤退。札幌~旭川間の臨時特急『旭山動物園号』に使用されている車両も、3月25日の運行を最後に姿を消すことになっている。

ただし、グリーン車と普通車の合造車であるキロハ182形など、一部の車両は6月まで残る予定。

入場券は、北海道内の17駅で発売され、それぞれの駅ごとにゆかりのある初期型キハ183系使用の特急が絵柄になっている。

発売額は各駅170円(大人用のみ)。発売枚数の制限はなく、10月末まで発売される。なお、券番0001は、初期型キハ183系の保存を予定している安平(あびら)町へ寄贈されることになっており、一般への発売は0002番からとなる。

この発売に合わせて、初期型キハ183系で使われていた部品が当たるキャンペーンも実施。入場券に付いている応募票を郵送すると、合計100人に、枚数に応じて側面方向幕や正面愛称幕などが当たる。締切は11月1日(消印有効)。

また、関連商品として、入場券収集に便利なヘッドマークストラップ&ホルダー(1080円)や、クリアファイル付きコレクション台紙(1620円)が、北海道四季彩館などで発売される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。

ピックアップ

Response.TV