エヴァンゲリオンからハローキティへ…新しい500系特別仕様車が今夏に登場

鉄道 企業動向
「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったピンクを基調としたリボンが車体全面に広がる「ハローキティ新幹線」のデザイン。
「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったピンクを基調としたリボンが車体全面に広がる「ハローキティ新幹線」のデザイン。 全 2 枚 拡大写真
JR西日本は3月14日、500系新幹線車両にサンリオの人気キャラクター『ハローキティ』をデザインした特別仕様車「ハローキティ新幹線」を今夏から運行すると発表した。

車体のデザインは、ハローキティがつなぐリボンを基調としたもので、「ひと、もの、こと。つないで、結ぶ」をキャッチフレーズに、乗客と地域をハローキティが結ぶ意味を込めている。

車内は、1号車を「いろんな地域の魅力と触れ合える特別なお部屋」とし、西日本の地域を期間限定で紹介。2号車には、ハローキティの世界観を基に、おしゃれでかわいい飾り付けがなされる。

500系の特別仕様車は、2015年からアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の放送開始20周年を記念して、エヴァンゲリオン初号機をイメージした「エヴァ新幹線」が登場したが、5月13日限りで運行を終了することになっている。今回の「ハローキティ新幹線」はこれに続くものとなる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/14/307243.html/article/2018/03/14/307242.html/article/2018/03/15/307244.html