488ピスタ にフェラーリ初、ソフトウェアでブレーキ制動圧を調整…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フェラーリ 488 ピスタ(ジュネーブモーターショー2018)
フェラーリ 488 ピスタ(ジュネーブモーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
フェラーリは、ジュネーブモーターショー2018で発表した『488ピスタ』に、フェラーリの市販車で初めて、ソフトウェアでブレーキの制動圧を調整するシステムを採用すると発表した。

このソフトウェアは、フェラーリが開発したもの。このソフトによって、ブレーキキャリパーの制動圧を調整する「ラテラル・ダイナミクス・コントロール・システム」を装備する。

マネッティーノの「CT-OFF」設定では、フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)が利用可能。FDEは、サイドスリップアングルの予測値を含め、横方向ダイナミクスの変数を調整。このコントロールシステムは、コーナリングとコーナーを抜ける際に事前介入し、ブレーキキャリパーを軽く作動させる。

その結果、システムはサイドスリップアングルの変化を管理。高速走行時における横方向ダイナミクスの事前予測を可能とし、直感的な操作を可能にする。

フェラーリによると、FDEはスタビリティコントロールシステムではなく、性能を最大限発揮することを目的としたシステム。SSC 6.0システムにFDEを組み込むことで、継続的なオーバーステアにもより簡単に対処できる安心をドライバーにもたらす、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジュネーブモーターショー2019
  • ジュネーブモーターショー2019
  • MDI エアーポッド(2008年)
  • DCデザイン・ガイア(2003年)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV