ブロードリーフ、輸入車鈑金見積りガイドブック『ミッチェル日本語版』取扱開始へ

自動車 ビジネス 国内マーケット
ブロードリーフのホームページ
ブロードリーフのホームページ 全 1 枚 拡大写真
ブロードリーフは、輸入車鈑金見積りガイドブック・ボディ寸法マニュアル『ミッチェル日本語版』取扱いを3月31日より開始すると発表した。

ミッチェルは、輸入車の修理・鈑金見積りに特化した標準作業時間マニュアル。米国で長い歴史を持ち、事実上の業界標準であり、豊富な掲載車種が特徴だ。日本では損害保険会社、鈑金工場、ディーラー、アジャスターといった企業に向け『ミッチェル日本語版』数万冊が販売されている。

これまでミッチェル日本語版は、時間貸し駐車場大手パーク24の子会社タイムズコミュニケーションが取り扱っていたが、3月31日よりブロードリーフが引き継ぐ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ