住友ゴム、2018年度モータースポーツ活動計画を決定…SUPER GTやニュルブルクリンク24時間 | レスポンス(Response.jp)

住友ゴム、2018年度モータースポーツ活動計画を決定…SUPER GTやニュルブルクリンク24時間

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

#64 Nakajima Racing
#64 Nakajima Racing 全 2 枚 拡大写真
住友ゴム工業は3月16日、2018年度のモータースポーツ活動計画を決定。今年も国内外の幅広いカテゴリーでタイヤ供給を行い、ダンロップ、ファルケンブランドの価値向上とタイヤ開発力の強化を目指す。

ダンロップブランドは、SUPER GTを中心に活動し、GT500クラスの「NAKAJIMA RACING」をはじめ、GT300クラスの3チーム計4台にタイヤを供給。そのほか、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本カート選手権などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給する。

一方、入門レースであるFIA-フォーミュラ4、フォーミュラ4などにもワンメイクタイヤ供給を行うことで、若手ドライバーの育成をサポート。参加型モータースポーツのトヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース、トヨタGAZOOレーシング ラリーチャレンジへの協賛およびタイヤ供給を通じて、モータースポーツの裾野を広げる。さらに海外では、チリで行われるフォーミュラ4などのレースにワンメイクタイヤ供給を行う。

ファルケンブランドは、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦。昨年に引き続きポルシェ「911GT3R」と昨年総合8位で完走したBMW「M6 GT3」の2台体制で総合優勝を目指す。また、SP3Tクラスに参戦する「スバルテクニカインターナショナル」へのタイヤ供給も行い、ファルケンブランドの価値向上を目指す。

二輪モータースポーツでは、ダンロップがロードレース世界選手権のMoto2およびMoto3クラスにワンメイクタイヤ供給を行う。また世界耐久選手権では4年連続制覇を、AMAスーパークロスでは9年連続全階級制覇、モトクロス世界選手権であるMXGPではチャンピオン獲得を目指す。国内では、全日本ロードレース選手権をはじめ、全日本モトクロス選手権、全日本トライアル選手権、全日本エンデューロ選手権にて有力チーム、ライダーをサポート。鈴鹿8時間耐久ロードレース」では、計6チームへのタイヤ供給を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ