Aクラス 追撃準備完了!BMW 1シリーズ 次期型、L字テールライトも露出

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真
BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真 全 11 枚 拡大写真
量産型パーツを装備した、BMWのエントリーハッチバック『1シリーズ』次期型を、初めてカメラが捉えた。厳重なカモフラージュもかなり薄くなり、スタイリッシュなボディラインが見えてきた。

捉えた最新のテスト車両は、量産型のスクエアLEDデイタイムランニングライトやL字型テールライトが初めて露出。現行モデルより寝かされたリアウィンドウにより、かなりスポーティな印象だ。また次期型には、『X1』と共有する「UKL」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。スポーティなルックスと実用性を両立させる。グリルやエアダクト形状は未だ隠されているが、エアダクト中央にはセンサーが付けられている。

パワーユニットは、最高出力140psの直列3気筒と最高出力195psの直列4気筒のみのラインアップとなり、直列6気筒は排除される。xDrive搭載の『M140i』には、新開発の2リットル直列4気筒ターボエンジンが搭載予定で、最高出力は400psが予想されている。

次期型では5ドアのみの設定となり、ワールドプレミアは、10月のパリモーターショーが有力だろう。ライバルのメルセデス『Aクラス』も新型を発表、いよいよ反撃の準備が整いつつある。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/18/307370.html/article/2018/03/18/307369.html/article/2018/03/18/307371.html