モトグッツィはアジア初公開など4車種…東京モーターサイクルショー2018 詳細画像

モーターサイクル ショーカーライブラリー
モトグッツィ V7 IIIカーボン(東京モーターサイクルショー2018)
モトグッツィ V7 IIIカーボン(東京モーターサイクルショー2018) 全 20 枚 拡大写真
イタリアで最も歴史のあるモーターサイクルブランド「モトグッツィ」は、23~25日に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催された第45回東京モーターサイクルショーに、アジア初公開の2車種を含む4車種を展示した。

モトグッツィからは、2017年の「EICMA」ミラノモーターサイクルショーで『V7 III』シリーズの特別限定車として公開され、2018年春から順次日本市場で発売予定の「V7 IIIカーボン」および「V7 IIIミラノ」がアジア初公開された。

ほかにV7 IIIシリーズのスタンダードモデル「V7 IIIストーン」とイタリアンカスタムスタイルの『V9ボバー』を展示した。

ピアッジオグループジャパンはモトグッツィに加え、「アプリリア」、「ベスパ」の3つのイタリアンブランドから、合計12車種を東京モーターサイクルショーで展示した。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/26/307675.html/article/2018/03/26/307674.html/article/2018/03/26/307676.html