STI、創立30周年記念ロゴを発表

自動車 ビジネス 企業動向
STI創立30周年記念ロゴ(左)とエンブレム
STI創立30周年記念ロゴ(左)とエンブレム 全 1 枚 拡大写真
スバルテクニカインターナショナル(STI)は「STI創立30周年記念ロゴ」を制定した。3月28日に開幕するニューヨークモーターショー2018会場でプレゼンテーションする。

STIは、富士重工業(現SUBARU)の子会社として、1988年4月2日に創立、今年創立30周年を迎える。この間、世界ラリー選手権(WRC)で3回のマニュファクチャラーチャンピオンを獲得し、ニュルブルクリンク24時間レースでは4回のクラス優勝を果たすなど、モータースポーツ活動で数多くの実績を残してきた。また、1998年に『インプレッサ22B-STIバージョン』を発売して以来、数多くのコンプリートカー、特別仕様車を発売し、多くのスバルファンの支持を集めてきた。

創立30周年記念ロゴは、中心にSTIのカンパニーメッセージワードである「STI Performance」の意を込めた"STI"ロゴを中心に、世界一を目指すブランドの象徴として、「月桂樹」を周囲に配置。その上部にSTIの30年にわたる世界一への挑戦を記念する“30th ANNIVERSARY"を配した。

STI創立30周年記念ロゴは今後、広告宣伝物、各種モータースポーツ車両、WEBサイト、イベントなどに展開していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル インプレッサ STIスポーツ
  • スバル WRX STI 次期型 デザイン予想CG
  • ワークスチューニング・サーキットデイ
  • 今年2月、ニュルブルクリンク24時間レース参戦に向けてSTI陣営が実施した「シェイクダウン」の模様(場所は富士スピードウェイ)。
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ