相鉄が4月24日から新型電車20000系の写真を募集…デビュー記念写真展で展示

鉄道 エンタメ・イベント
湘南台駅で開催されている「相模鉄道20000系デビュー記念写真展」の様子。
湘南台駅で開催されている「相模鉄道20000系デビュー記念写真展」の様子。 全 1 枚 拡大写真
相模鉄道(相鉄)は、4月24日から新型電車20000系の写真を募集する。

20000系は、2022年度下期に開業する予定となっている神奈川東部方面線の相鉄・東京急行電鉄(東急)直通線に対応した、相鉄としては9年ぶりの新型車両。「ヨコハマネイビーブルー」と呼ばれる濃紺色の10両編成1本が2月11日に先行して運行を開始した。

今回の募集は、20000系が写っている相鉄沿線の風景写真が対象で、作品は2L以上のサイズにプリントしたものに限る。応募作品のなかから45点を選び、いずみ野線湘南台駅(神奈川県藤沢市)で6月28日まで開催されている「相模鉄道20000系デビュー記念写真展」で展示する。展示期間は6月1~28日。

応募作品は、相鉄グループのウェブサイトからダウンロードした応募用紙を添えて「相模鉄道経営管理部総務担当 相模鉄道20000系デビュー記念写真展担当」まで郵送する。応募用紙は4月23日夕方からダウンロードできる。応募締切は5月8日(必着)。

選考結果は5月14日まで採用内定者へ通知され、後日、JPEG形式の画像データ(解像度3072×2034ピクセル以上)を提出することになっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV