トヨタとスズキ、インドでハイブリッド車などの相互OEMで基本合意

自動車 ビジネス 海外マーケット
スズキ・バレーノ
スズキ・バレーノ 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車とスズキは3月29日、インドでハイブリッド車などの相互OEMに向けて基本合意したことを発表した。

トヨタとスズキは2017年2月の業務提携に向けた覚書締結以降、「環境技術」「安全技術」「情報技術」「商品・ユニット補完」などに関して、具体的な協業の実現に向けた検討を進めてきた。その一環として2017年11月に、インド市場に2020年頃に電気自動車(EV)を投入するための協力関係構築に向けて検討を進めることで合意。さらに今回は、両社の商品ラインアップを強化しつつ、インド市場における販売競争の活性化に向けて、ハイブリッド車などの相互供給を行うことに基本合意した。

具体的には、スズキからトヨタへ『バレーノ』『ビターラ・ブレッツァ』を供給し、トヨタからスズキへは『カローラ』を供給し、両社の現地子会社が販売する予定。生産過程では、インド政府の推進する「Make in India」に則り、両社ともできる限り部品の現地調達に務める。なお、供給開始時期や台数規模、車両スペック、供給価格などの詳細については、今後両社で検討を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ライズ
  • 米国アラバマ州のトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ(TMMAL)
  • 熊本県津奈木町、7月7日
  • トヨタ カローラ クロス
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ