トヨタ ヤリス、デミオ のOEMに最新コネクト…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ・ヤリス・セダン(ニューヨークモーターショー2018)
トヨタ・ヤリス・セダン(ニューヨークモーターショー2018) 全 8 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売はニューヨークモーターショー2018で初公開した『ヤリスセダン』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

ヤリス セダンは、マツダ『デミオセダン』のOEMモデル。もともとは、米国の若者向けブランド、サイオンの『iA』だったが、2016年のサイオンブランド廃止に伴い、トヨタブランドに移行し、『ヤリスiA』に。このヤリスiAが改良を機に、ニューヨークモーターショー2018でヤリスセダンとして登場した。

このヤリス セダンに、最新のコネクティビティを採用。全グレードに7インチのタッチスクリーンマルチメディアシステムを標準装備。このタッチスクリーンマルチメディアシステムには、音声認識、リモートインターフェイス、ステアリングホイールコントロールスイッチ、ブルートゥース接続などの機能を備える。

また、このタッチスクリーンマルチメディアシステムには、バックアップカメラが標準装備。衛星ラジオの「SiriusXM」が3か月間、無料で利用できるサービスも付帯する。

自動車業界で働く女性は少ない! その中で働く女性を紹介する連載企画「ホイール系女子」(仮)スタ…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/02/308050.html/article/2018/04/02/308048.html/article/2018/04/03/308051.html