リコール総届出件数377万台、13年ぶりの高水準 2017年度

自動車 テクノロジー 安全
日産自動車九州(参考画像)
日産自動車九州(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は4月10日、2017年度(2017年4月~2018年3月)の自動車リコール総届出件数および台数(速報値)を発表。リコール件数は前年度比13件増の377件、台数は同814万6674台減の770万2340台だった。

リコール件数は2年ぶりの増加で、三菱自動車のリコール隠し問題で揺れた2004年度に次ぐ過去2番目の多さとなった。総届出件数の内訳は国産車が同20件減の204件、輸入車が同33件増の173件。輸入車については過去最高の届出件数となった。また、タカタ製エアバッグに関するリコール届出の総対象台数が同536万0825台減の85万7857台となったことにより、リコール総届出台数は、大幅な減少となった。

2017年度で対象台数が最も多かったのは、日産『ノート』他40車種の「完成検査が適切に行われていない」で110万4296台。2位はスバル『サンバー』の「発電機作動せずエンジン停止のおそれ」で62万2348台、3位はスズキ『パレット』他2車種の「ステアリング操作力増大のおそれ」で51万9651台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV