あなたも007? アルプスの山頂3050mにテーマ施設「エレメンツ」…ジャガー・ランドローバーが連携

モータースポーツ/エンタメ 映画
007エレメンツ
007エレメンツ 全 11 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバーは4月11日、映画「007」シリーズ(イオン・プロダクション)と連携して、新たなミッションを遂行すると発表した。

ジャガー・ランドローバーは、「007」シリーズとパートナーシップを締結。2012年に公開された『007スカイフォール』では、オープニングシーンにおいて、エージェントのイヴが運転する車両に、『ディフェンダー110ダブルキャブ・ピックアップ』が起用された。

また、2015年に公開された24作目の『007スペクター』でも、パートナーシップを継続。ランドローバー史上、最も速くパワフルな『レンジローバースポーツSVR』をはじめ、コンセプトカーのジャガー『C-X75』、オフローダーの『ディフェンダー・ビッグフット』の合計3台が、作品に登場している。

いっぽう、オーストリアアルプスのガイスラッハコーゲル山頂(標高3050m)に、この世界的に有名な秘密エージェントのテーマ施設「007エレメンツ」が、7月にオープンする。『スペクター』の劇中、ホフラー・クリニックとして使用された「アイスQ」レストランの隣だ。

「007エレメンツ」には、007シリーズに登場するジャガー・ランドローバーの車両を、来場者の動きに合わせてディスプレイの表示内容が変化するインタラクティブディスプレイで展示。さらに、人工知能(AI)システムや、初の市販EVのジャガー『I-PACE』の電動パワートレーンなどを展示している。

パソヤは、固定式オービスの情報サイト、移動式オービスを対象とした「移動式オービスガイド」を4…

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ