MINI ハッチ&コンバーチブル 改良新型の中国仕様に最新コネクト…北京モーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
改良新型 MINI コンバーチブル
改良新型 MINI コンバーチブル 全 3 枚 拡大写真
BMWグループのMINIは4月17日、中国で4月25日に開幕する北京モーターショー2018において、改良新型MINI『ハッチバック』とMINI『コンバーチブル』の中国仕様車を初公開すると発表した。中国仕様車にも、最新の「MINIコネクテッド」が採用される。

MINIコネクテッドの最新版には、「リアルタイム・トラフィック・インフォメーション」、スマートフォン接続によるナビゲーションマップの自動アップデートなどの新機能が導入された。

また、「パーソナル・コンシェルジュ・サービス」、インターネットポータルサービスの「MINIオンライン」も採用。MINIオンラインでは、ニュース、天気、燃料価格などの最新情報がチェックできる。アップルの「CarPlay」とも連携が図られた。

この他、6.5インチのカラーモニターを採用。USBとブルートゥースのインターフェイスが標準装備された。ナビゲーションシステム用の新タッチパネルモニターや、スマートフォン用のワイヤレス充電も導入している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • REMUS(レムス) MINI(F54)クーパーS LCI(2019~)モデル用スポーツマフラー
  • MINI ジョンクーパーワークス(JCW)カントリーマン(日本名:MINI ジョンクーパーワークス・クロスオーバーに相当)改良新型
  • MINI クーパーSE
  • MINI クーパーSコンバーチブル(手前)とJCW コンバーチブル(奥) 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ