2026年度末までに貨物駅構内の照明をすべてLED化…JR貨物の新たな省エネ施策

鉄道 企業動向
東福山駅で使われている水銀灯照明(左)とLED照明(右)。
東福山駅で使われている水銀灯照明(左)とLED照明(右)。 全 1 枚 拡大写真
JR貨物は4月18日、新たな省エネ施策として、貨物駅構内の照明を2026年度末までにすべてLED化することを明らかにした。

貨物駅の構内では昼夜問わず、コンテナの積卸し作業などが行なわれていることから、その照明は1万4000個以上を数える。

このうち、おもに使われているのが水銀灯で、老朽設備の置換えや設備改良時に順次、LED照明に交換してきたが、その数は全体の13.3%に留まっている。

今回は、2017年8月に発効した「水銀に関する水俣条約」により、2021年以降は水銀製品の製造や輸出入が禁止されること、電力料金やメンテナンスコストの削減を図れることを理由に、水銀灯として残る1万2626個の構内照明をすべてLED化する方針が打ち出された。

JR貨物ではこれまで、省エネタイプのハイブリッド機関車であるHD300形の投入や、フォークリフトへの燃料改質器取付けといった、さまざまな省エネ施策に取り組んでおり、「今後も、地球温暖化防止を目的として省エネ化への取り組みを進めてまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ