新明和、準中型免許対応のアームロールなど出展予定…NEW環境展2018

自動車 ビジネス 国内マーケット
新明和 G-PXシリーズ(参考画像)
新明和 G-PXシリーズ(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
新明和工業は、5月22日から25日に東京ビッグサイトで開催される「2018 NEW環境展」に出展。「人にやさしい商品(モノ)づくりによる社会への貢献」をコンセプトに最新製品を紹介する。

NEW環境展はアジア最大級の環境展で、約500社が出展。各種課題に対応する様々な環境技術・サービスを一堂に展示する。期間中は15万人を超す来場者で賑わう。

同社は、ドライバー不足解消に向けた提案として、準中型免許対応GVW(車両総重量)7.5トン車級「アームロール」および、圧縮式塵芥車「G-PX」2トン車級、また大量輸送と安定排出で昨今注目を集めている「スライドデッキ」シリーズからGVW25トン車級を車両展示にて紹介する。

さらに今回は新たな提案として、安全・安心・快適な作業環境を創出する、塵芥車専用次世代安全装置も併せて紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • チャンギ空港のフルオート搭乗橋
  • ダイヤモンドコーティング装置
  • G-RX(2トン車級)の新モデル
  • バックアイカメラ画像の検出エリアに入った人物の頭部周辺、または装着した指定色を検出・追跡
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ