関西ペイント、塗料の技術を応用してリチウムイオン電池事業に参入へ

エコカー EV
関西ペイント・ホームページ
関西ペイント・ホームページ 全 1 枚 拡大写真
関西ペイントは、リチウムイオン電池材料に関する技術を開発したと発表した。

リチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、小型で軽量なため、今後、本格的な普及が見込まれている電気自動車(EV)用バッテリーとして需要が拡大する見通し。

同社はリチウムイオン電池を構成する部材の調査・研究を進めてきたが、一部の部材の製造工程が、同社主力事業である塗料を製造する際の攪拌や分散、塗膜形成工程と類似している。同社が塗料分野で培ってきたプロセス技術がリチウムイオン電池の部材の製造に適用可能と見ている。

また、同社では多様な色材への分散技術を持っている。顔料の表面状態に応じた分散材の開発、分散機構、設備、要件などの分散工法を適用すれば、最適な分散状態に調整できる。粉体の混合、安定化などの電池部材に、同社の分散技術を適用できると見ている。

これらの技術をリチウムイオン電池用の電極やパッケージに適用するほか、関連する技術の適用可能性を検討する。これらを実用化することでリチウムイオン電池の性能向上や製造プロセスの改善に寄与していく構え。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV