トヨタ・コネクティッド、欧州に設立…モビリティサービス強化

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・コネクティッドの公式サイト
トヨタ・コネクティッドの公式サイト 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車の欧州部門は4月26日、新会社の「トヨタ・コネクティッド・ヨーロッパ」を設立した、と発表した。

今回の発表は欧州市場において、モビリティサービスへのニーズが高まっていることを受けたもの。トヨタ・コネクティッド・ヨーロッパは、ITの人材が豊富な英国ロンドンに本拠を置き、欧州の顧客にカーシェアリングなどのモビリティサービスに必要なプラットフォームの提供、ビッグデータの解析や活用を行う。

また、トヨタ・コネクティッド・ヨーロッパは、2016年に米国に設立された「トヨタ・コネクティッド・ノースアメリカ」と協力。車両管理やリースプログラムなど、モビリティサービスのためのさまざまな機能を、包括的に備えるトヨタのモビリティサービスプラットフォームの開発を強化する。

さらに、トヨタ・コネクティッド・ヨーロッパは、車両から上がってくる大量のデータを安全に収集し、解析する「トヨタ・ビッグ・データ・センター」の欧州での運営を管理。2018年5月より施行予定の「欧州一般データ保護規則」を含めて、情報セキュリティの対策に取り組んでいく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • レクサス GX の2020年モデル(参考)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ