トヨタ C-HR 一部改良…1.2リットルターボに2WD車を追加設定、流れるウインカー付きLEDヘッドランプも標準化

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ C-HR
トヨタ C-HR 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、コンパクトSUV『C-HR』を一部改良し、5月7日より販売を開始した。

今回の一部改良では、1.2リットルターボ車に2WD車を追加設定。さらに従来、上位グレードのメーカーオプションだった大型LEDヘッドランプを新たに標準装備した。LEDヘッドランプはターンランプやデイライトなどを含むすべての光源をLED化。オートレベリング機能を備えるほか、ターンランプは右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルタイプとした。

また、外板色については、新規設定色ネビュラブルーメタリックを含むモノトーン8色、新規設定色ホワイト×ネビュラブルーメタリックを含むツートーン8色の全16色を設定した。

価格は229万円から292万9200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ C-HR GRスポーツ
  • ショートドキュメンタリームービー「二人きりのドライブ」
  • ADVAN FLEVA V701 を装着するトヨタC-HR GRスポーツ
  • 試聴体験会対象車両
  • ヴィーズマン MF6 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/07/309386.html/article/2018/05/07/309385.html/article/2018/05/07/309387.html