ベントレーは日本未導入の ロング版 ミュルザンヌ を展示…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ベントレー・ミュルザンヌ・エクステンディットホイールベース(北京モーターショー2018)
ベントレー・ミュルザンヌ・エクステンディットホイールベース(北京モーターショー2018) 全 18 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ベントレーは、4月25日から5月4日まで中国にて開催された北京モーターショー2018において、『ミュルザンヌ・エクステンディットホイールベース』を展示した。

ミュルザンヌのエクステンディットホイールベース=EWは、2016年にスイスで開催されたジュネーブモーターショーでワールドプレミア。同車は、ベントレーのフラッグシップサルーンである『ミュルザンヌ』の大幅改良を機に初めて設定された。

EWのホイールベースは標準モデルの3266mmに対して、プラス250mmの3516mmに延長。航空機のファーストクラスのような、独立2名がけのシートを採用し、後席乗員の快適性に関して、新たなベンチマークの確立を目指している。

このモデルは残念ながら日本未導入となっている。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV