ボルグワーナー、電動ドライブモジュールなどを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018 | レスポンス(Response.jp)

ボルグワーナー、電動ドライブモジュールなどを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
パシフィコ横浜
パシフィコ横浜 全 1 枚 拡大写真
ボルグワーナーは、5月23日から25日まで、横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に、世界各国の厳しい排出基準に準拠するための支援を目的に設計した様々なソリューションを展示すると発表した。

今回は「電動ドライブモジュール(eDM)」など、電気自動車向けの最新技術をはじめとするソリューションを展示する。eDMは、実証済みのeGearDriveトランスミッションと高電圧ヘアピン(HVH)電気モーター技術を軽量でコンパクトなパッケージに統合したもの。電気自動車向けの一体型推進ソリューションを自動車メーカーに提供する。

また、車内を静かにそして短時間で暖める一方でフロントガラスを素早く除霜する高圧エアヒーターも展示する。業界初のデュアルゾーン機能を搭載しており、廃熱に頼らずに動作する。

P2オフアクシスモジュール、48V電気ファン、EHRSなど、ハイブリッド車向けの革新的技術も展示する。

排ガスに依存せずに動作し、要求に応じてブーストをかけることによりターボラグをほぼ解消する先進的な電動コンプレッサー「eBooster」も紹介する。

内燃機関に関しては、ハイブリッド車への適用が可能なインテリジェントカムトルク駆動(iCTA)や可変電気カムタイミング(eVCT)など、最新の可変カムタイミング(VCT)テクノロジーを展示する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ