スズキの小型超高効率パワートレイン開発、デンソーとトヨタが支援へ インド市場開拓へ向け協議開始

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車とスズキの共同会見(2016年10月)
トヨタ自動車とスズキの共同会見(2016年10月) 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車とスズキは5月25日、開発・生産・市場開拓の分野で、新たな共同プロジェクトの協議を開始すると発表した。

両社は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、すでに様々な具体的協力を進めてきた。これまでインドにおける車両の相互供給等について公表してきたが、それ以外にも生産関連、市場開拓関連など検討の幅が拡がりつつある。

新たな共同プロジェクトでは、スズキ主体で開発する小型超高効率パワートレインに対してデンソーとトヨタが技術支援を行うこと、スズキ開発車両をインドのトヨタキルロスカ自動車(TKM)で生産し、トヨタ・スズキ両ブランドでインド国内で販売することを協議。さらに、TKM生産モデルを含むスズキ開発車両を両社がインドからアフリカ市場向け等に供給し、それぞれの販売網を活用して販売することなどについても協業を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ KUPO(プッシュモード)
  • マルチスズキのCSR(企業の社会的責任)活動のイメージ
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • マルチスズキがスタートアップ5社と提携
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/05/25/310143.html/article/2018/05/25/310142.html/article/2018/05/25/310144.html