三菱自、タイ工場から500万台目がラインオフ…生産開始から57年

自動車 ビジネス 企業動向
ミツビシモーターズタイランドの累計生産500万台達成記念式典
ミツビシモーターズタイランドの累計生産500万台達成記念式典 全 1 枚 拡大写真
三菱自動車のタイ法人、ミツビシモーターズタイランドは6月4日、累計生産500万台を達成した、と発表した。

ミツビシモーターズタイランドは1987年に設立。それに先駆け1961年、三菱自動車はタイでの車両の生産を開始した。累計生産台数は、2003年に100万台、2010年に200万台、2013年に300万台、2015年に400万台に届いている。

ミツビシモーターズタイランドからの車両の輸出先は、世界120か国以上。500万台のうち、74%にあたる370万台が海外市場に輸出された。また、累計生産500万台目としてラインオフしたのは、SUVの『パジェロスポーツ』だった。

ミツビシモーターズタイランドの現在の年産能力は、およそ42万4000台。パジェロスポーツをはじめ、『トライトン』、『ミラージュ』、『アトラージュ』を組み立てている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 eKスペース 新型
  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • メルセデスベンツ EQS プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ