【ルマン24時間】トヨタ、ワンツーフィニッシュで初制覇!!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2018ルマン24時間レース
2018ルマン24時間レース 全 2 枚 拡大写真
2018年のルマン24時間レースは現地時間の17日22時に決勝レースゴールを迎え、トヨタがワンルーフィニッシュで、念願のルマン24時間初優勝を飾った。

スタートから常にトップをキープしていたトヨタ勢。残り8時間のところでトップに浮上した8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド)が最後まで逃げ切り、388周で優勝。最後は中嶋一貴がステアリングを握り、トップチェッカーを受けた。

2位には7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ=マリア・ロペス)が続いた。終盤になって突然スローダウンするなどハプニングもあったが、こちらも日本人ドライバーの小林が最後までマシンをいたわる走りを見せ、トヨタ勢にとって挑戦20回目のルマンで初制覇を成し遂げた。

《吉田 知弘》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ル・マン24時間レース優勝 TOYOTA GAZOO Racing 8号車(左からフェルナンド・アロンソ選手、セバスチャン・ブエミ選手、中嶋一貴選手)
  • 『フォードvsフェラーリ』
  • 左から小林可夢偉、中嶋一貴、GRパワートレーン推進部の加地雅哉部長。
  • トヨタ東京本社に凱旋した、中嶋一貴(左)と小林可夢偉。
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/17/310940.html/article/2018/06/17/310939.html/article/2018/06/18/310941.html