新幹線札幌開業時には「経営自立」…JR北海道が運賃値上げなどの経営再生策を明らかに

鉄道 企業動向
北海道新幹線が札幌まで到達する予定となっている2030年度を「経営自律」の契機とし、それまでに国などに支援を求めたJR北海道。
北海道新幹線が札幌まで到達する予定となっている2030年度を「経営自律」の契機とし、それまでに国などに支援を求めたJR北海道。 全 2 枚 拡大写真
JR北海道は6月18日、札幌市内で6月17日に開催された「JR北海道の事業範囲見直しに係る関係者会議」の概要を明らかにした。

この会議は、4月11日に初めて開催され、今回で2回目となる。JR北海道、国土交通省、北海道、北海道市長会、北海道町村会、JR貨物の6者が出席し、JR北海道の事業範囲見直しに関する情報共有を図るとともに、JR北海道グループとしての「経営再生の見通し」が示された。

それによると、インバウンド観光客を意識した経営基盤の強化策として、小樽~札幌~新千歳空港間で運行されている快速『エアポート』など札幌都市圏における輸送力の増強や北海道新幹線札幌開業時の高速化、観光列車「北海道の恵み」といった普通列車を観光列車化する取組み、外部事業者による観光列車の運行などが挙げられた。

このうち、北海道新幹線札幌開業については、JR北海道が「経営自立の契機」と捉えており、東京~札幌間の到達時間が現行で5時間強に想定されているものを4時間半程度までに短縮し、移動手段としての魅力を向上させたいとした。

そのために、新幹線と貨物列車が共用している海峡線(新中小国信号場~木古内間)で最高速度が140km/hに留まっていることや、貨物列車の運行コストの大部分を負担しているなどの解決を望むとともに、維持・管理に莫大な費用を要している青函トンネルについては「当社だけでは対応が困難」として、国に対し「貨物列車の走行割合が高いことなどの北海道の特殊性を踏まえた支援」を求めた。

一方、経営再生のための課題として「当社単独では維持することが困難な線区」への対応策も示されており、留萌本線(深川~留萌間)など輸送密度が200人未満の線区は「鉄道よりも便利で効率的な交通手段に転換」、宗谷本線(名寄~稚内間)など輸送密度が200人以上2000人未満の線区については、徹底した収支改善を図り「地域の皆様との連携による持続可能な交通体系の構築、定期的な検証」を行なうとし、国や北海道、地域へ支援を求めた。

このほかの経営再生策としては、資産売却や経営安定基金運用益の最大限の確保、役員報酬カットの継続、マンション販売事業への参入、ワンマン化や駅要員削減といった合理化策の拡大、利用の少ない駅の廃止、使用頻度が低い副本線や踏切といった地上設備の廃止などが挙げられている。

その上で「地域交通の維持並びに安全性及びサービス水準の維持・向上を図るため」として、運賃値上げにも言及した。値上げされれば、JR北海道としては1996年以来の運賃改訂となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。

ピックアップ

Response.TV