ヤマハ、新型オフロード・リクリエーショナルビークル『ウルヴァリンX2』を北米投入

モーターサイクル 新型車
ウルヴァリンX2
ウルヴァリンX2 全 2 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、ROV(Recreational Off-highway Vehicle。ATA、サイドバイサイドとも)の新製品として、2人乗りレクリエーショナルモデル『ウルヴァリンX2』を6月から北米市場などで発売する。

ROVは、北米を中心に業務、レクリエーショナル、スポーツといった幅広い市場があり、ヤマハ発動機は2013年に発売した第1弾『バイキング』を皮切りに、RV事業の主力製品としてラインナップを拡充してきた。

ウルヴァリンX2は、2017年に発売した4人乗りレクリエーショナルモデル『ウルヴァリンX4』のプラットフォームをベースに開発。オフロード走行やハンティングを主目的に、優れた走行性能、快適性、信頼性、実用性を高次元でバランスした2人乗りレクリエーショナルモデルとなっている。

パワーユニットには、静粛性と低振動、力強い低速トルクと素直なレスポンスなど優れたオフロード走破性を両立した847cc2気筒エンジンを採用。タイトでテクニカルな走行環境に最適なコンパクトかつ軽量な車体には、片手で操作できるテールゲートを備えた大容量のリアベッド(荷台)などを備える。

価格は1万2699米ドル(約140万円)より。同社では併せて、オフロードナビゲーションシステムなどのアクセサリーを同時開発。共通プラットフォームの利点を生かし「ウルヴァリンシリーズ」で共有化できるようにした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L
  • カワサキ Z H2 と ヤマハ MT-10SP
  • インディアン チャレンジャー
  • アストンマーティン AMB 001 のプロトタイプによる走行テスト
  • トライアンフ ボンネビルT100バド・イーキンス・スペシャルエディション
  • マックデリバリーサービスにテスト導入された屋根付き三輪電動スクーター「AAカーゴ」

ピックアップ