マツダ ファミリアバン 新型、商用車も先進安全技術を標準装備 159万3000円より

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・ファミリアバンDX
マツダ・ファミリアバンDX 全 6 枚 拡大写真
マツダは、先進安全技術を標準装備する商用車『ファミリアバン』の新型モデルを6月21日より発売する。

新型ファミリアバンは、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」、「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、「オートマチックハイビーム」等の安全技術を全車に標準装備。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカー」に該当する。

また、1.5リットルガソリンエンジンとCVTの組み合わせにより、2WD車は旧型車の17.4km/リットルから19.6km/リットルに、4WD車は13.0km/リットルから15.8km/リットルに燃費を向上(ともにJC08モード)。さらに、2WD車にはアイドリングストップ機能を設定し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、また「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(SU-LEV)」にも認定され、エコカー減税対象車に該当。車両購入時の取得税が80%、重量税が75%、減税となる。

さらに、最適なドライビングポジションをサポートするフロントシート、多彩かつ機能的な収納スペース、荷物の積み降ろしが容易な荷室など、日常の使い勝手に配慮した機能・装備を搭載している。

ボディカラーはホワイトとシルバーマイカメタリックの2色を設定。価格は159万3000円から187万2720円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ R360クーペ と ロードスター 100周年特別記念車
  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • マツダ ファミリア(5代目 1980年6月)のカタログ
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ