VWグループ、電動車向け全固体電池を量産へ…クアンタムスケープと提携

エコカー EV
ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を手がけるクアンタムスケープ社の公式サイト
ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を手がけるクアンタムスケープ社の公式サイト 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループは6月21日、ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を手がけるクアンタムスケープ社と提携すると発表した。

クアンタムスケープ社は米国スタンフォード大学からのスタートアップ企業で、2010年に設立。米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、ソリッドステートバッテリー技術に関して、およそ200の特許を持つ。

ソリッドステートバッテリーは、EVなど現在の電動車で主流のリチウムイオンバッテリーが液体を使用しているのに対して、液体を使わず固体で構成されるバッテリー。エネルギー密度や安全性などの面で、リチウムイオンバッテリーよりも優れ、次世代のバッテリーとして注目されている。

フォルクスワーゲングループは、このクアンタムスケープ社に1億ドル(約110億円)を出資し、提携を結ぶ。クアンタムスケープ社にとっては、フォルクスワーゲングループが自動車メーカー最大の株主になる予定。

また、フォルクスワーゲングループは、クアンタムスケープ社との間で合弁会社を設立する計画。2025年までにソリッドステートバッテリーの量産ラインを確立していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術「ENLITEN」採用タイヤの装着が決定したVolkswagenの電気自動車ID.3。
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 新型ベースの「GTC(グローバルツーリングカー)」レーシングカー
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ