VWは南北アメリカ、アウディはアジア太平洋を担当…VWグループが組織再編

自動車 ビジネス 企業動向
VWグループのドイツ本社
VWグループのドイツ本社 全 2 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループは6月22日、グループ内で組織の再編を行うと発表した。

今回の組織再編は、フォルクスワーゲングループの世界戦略の一環として実施されるもの。フォルクスワーゲングループ内のブランドが、地域ごとに責任を分担するリードブランド体制を導入する。

例えば、フォルクスワーゲンブランドは、北米と南米、サハラ砂漠より南のアフリカ地域の責任を負う。アウディはアジア太平洋地域と中東を担当。シュコダはロシアとインド、セアトは北アフリカの成長市場を担当する。なお、世界最大市場の中国に関しては、グループ全体で取り組む。

地域の責任を割り当てることの目的は、現地パートナーと協力しながら、顧客のニーズに迅速かつ効果的に対応すること。将来的には、各地域のリードブランドが、ブランド活動やパートナーシップ、シナジー効果を追求し、地域のグループ戦略を推進していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWグループの新組織「Car.Software」のイメージ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • GTI Driving Experience(イメージ)
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/25/311198.html/article/2018/06/25/311197.html/article/2018/06/25/311199.html